無料
エロ
動画

【女性催眠】

不感症改善 性感開発催眠 快感倍増催眠 性欲倍増催眠 M女調教催眠 愛妻調教催眠 各種オマンコ催眠 『専用M女募集!』

女優Saya さよなら。。。

「ぁ、先生。痛い、、、です。」
濡れ過ぎるほど、濡らしたSayaが、
足を大きく開いて、私を迎え入れようとしているのだが
苦しそうな表情で呻いた。
『力、抜いて・・・・』
まるで、処女に話し掛けているようだ。^^
「入れてください。」
入れようとすると
「ぁ、先生。痛い。」

入れるのは、中止。
Sayaの両足の間から、私は自分の身体を起す。
マジマジとSayaの股間を覗き込む。
陰毛の中に、ピンクの蜜壺。。。
しっかり濡れて光っている。
本当に小さい。
指を一本入れる。
Sayaの蜜壺の中が蠢(うごめ)く。
静かに出し入れするだけで、
Sayaは、腰を持ち上げてイク。

指二本入れようとすると、Sayaはベッドの上へ
身体を逃がそうと移動する。困った。
私のモノが、少し萎えるのを待って、挿れた。
挿入された蜜壺は、私のモノ全体を包む。
まるで、捕まえた獲物は逃がさないと
収縮を繰り返す。私は気持ち良い。
すると、私のモノは中でギンギンに大きくなる。
エラは傘を広げたように、Sayaの内ヒダをコスル。
「あああぁぁ〜」
Sayaが叫ぶ。
蜜壺の中が収縮する。
私のモノは負けまいと傘を広げて、コスル。
「イク、イク、イクゥ〜。」
Sayaが絶叫する。
生入れしてるので、感触は快感となって
ジカに二人の脳下垂体に響く。。。


Sayaの締まり強化訓練は、終わり、です。
このまま、二人でSEXを繰り返しても同じ。

いつも、私は、、、
一番良い時期に卒業させる。
アホです。
落ち込む。
無性に寂しくなる。
トンデモナイ宝を失くしたのでは?
いつもそう思う。
Sayaも「私、嫌われたの?」泣いた。
泣かないで欲しい。。。
もぅ、私の役目は終わったんだ。

「先生!もう一回だけ!」
「先生?最後にするから・・・」
そうやって、2回ほど逢った。
とても激しいSEXをした。。。

Sayaを駅のポスターで見たことがある。
笑顔がとても綺麗だった。
眼が輝いていた。
唇が半分開いていた。
でも唇の端は上がっていた。
私は、唇の端が下がって半開きのSayaを見た!
そう思ったら、ポスターが滲んだ。
Sayaのポスターの前で、泣いてる私が居た。

  1. 2008/02/22(金) 00:00:49|
  2. ■24歳 女優 Saya|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ
close